[※40代助産師の転職事情]

40代助産師の転職事例は!?

人気の求人サイトランキングはコチラ!

40代の助産師はキャリアにおけるひとつのターニングポイントとなります。この時期に看護師から助産師を目指すケースが出てくる一方、すでにキャリアを積み重ねている助産師も少なくありません。そのためひとりひとりの事情が異なるうえ、家庭環境などの影響もあって転職事情にも大きな違いが出てくるのです。

もっとも多いのは家庭環境の変化に合わせて転職を目指すケースです。40代になると子育てもひと段落、子供が独り立ちする時期でもあります。そのためこれまで家庭生活を優先した環境で働いていた状況から仕事優先へとシフトするために転職を目指す機会が多くなるのです。これまで診療所・クリニックで外来担当、あるいは日勤のみの勤務を担当していた、あるいはフルタイムでの勤務が難しいので非正規の形で働いていた方がより本格的に助産師としての仕事に従事できる環境を目指して転職するのです。この場合に大学病院や総合病院といった規模の大きな医療機関への転職が多くなるのが特徴です。

逆に体力面などの影響で仕事のペースを落とすケースも少なくありません。年齢的にも夜勤は厳しい、あるいは日勤と夜勤の両方を担当する不規則なシフトは心身の負担が大きすぎるといった事情からよりゆとりのある環境へと転職するパターンです。この場合は先ほどとは逆に規模の大きな病院から診療所・クリニック、あるいは助産所への転職を目指すことが多くなります。また、安定した就業環境を求めて保健センターや看護学校などの養成施設への転職を目指すケースも見られます。

もうひとつ、収入面に不満を感じて転職する事例も少なくありません。助産師の平均収入は看護師に比べるとやや高めで45歳で月収34万円程度が相場です。ただ40代にはいると昇給の限界に達し、頭打ちになってしまうことも多くなります。より高い収入を目指すのはもちろん、自分をより高く評価してくれる職場を求めて転職を目指すケースが多くなるのです。それなりのキャリアを積んでいれぱそれをもっと高めたい、活かしたいと思うのも当然でしょう。

助産師は全国的に人手不足が大きな問題となっているので40代での転職も十分可能なうえ、よい環境での転職のチャンスにも恵まれます。ある意味転職にもっとも適した年齢といっても良いかも知れません。病院から保健センターなどこれまでのキャリアとは異なる職場への転職を目指す最後の機会ともなるでしょう。それだけに自分のキャリアや長所をしっかり把握し、適切な自己アピールができるようしっかり準備を整えたうえで転職活動を行っていくことが大事です。

助産師の転職に強い人気の求人サイト!!

ナースフル

ナースフルの詳細説明


ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細説明