[※アメリカの助産師]

アメリカの助産師事情

アメリカにも助産師の仕事はあります。アメリカの助産師の人は、ほぼ医者と同じ役割を果たしています。患者さんの診察や検査をし診断をします。その後の治療プランから薬の処方までを行います。そのため、医療過誤保険に加入し法的にも自身の医療行為において全面的に責任を負うことになります。なので、助産師のリスクも大きいようです。

アメリカの助産師の仕事の範囲は、健康的な妊産婦の妊婦健診、産婦人科健診、分娩の介助、外陰部への局所麻酔、会陰切開、縫合、子宮ガン検診、乳ガン検診、性病や膣炎等の婦人科疾患の治療薬の処方、経口避妊薬の処方、IUD(子宮内避妊リング)の挿入、更年期ホルモン療法、産前教育などたくさんあります。またハイリスク妊娠については、産婦人科医師と協力して診療に当たり、帝王切開の時には、第一助手として手術の縫合なども行います。

日本では、助産師にここまでの権限は与えられていません。日本で助産師が単独で行える行為は、正常な妊娠分娩の助産行為のみです。アメリカで助産師になるためには、まずは看護師の免許を取得しなければなりません。次に大学院にて、2年間助産師について学ぶコースを取るか、1年間の認定校のコースを取ります。看護師の免許を持っていない人は、大学院にて3年間助産師について学び、アメリカ助産師協会の助産師資格試験に合格する事が必須です。

アメリカでは、6000人以上の人が助産師として活躍しています。日本には女性の助産師しかいませんがアメリカには男性の助産師もいます。日本では、異常分娩のみが保険適用になり、正常分娩が自己負担になりますが、アメリカでは、正常分娩にも保険が適用になります。アメリカでは医師と助産師の区別がなく、保険会社から診療行為に対し医療保険料が支払われます。アメリカは、日本とは違い出産に関わる費用が高額になるので保険適用となっているのでしょう。保険適用といっても、そのアメリカでの医療保険料は高額です。そのため、医療保険に加入出来ない人も増えています。それにアメリカでの出産時の入院日数は、日本と比べると短くなっています。

また、アメリカでのお産は、妊婦やその家族が色々な面にこだわって行われます。どういった環境で、どのような分娩がしたいか、などさまざまです。ですので、助産師のサポートが重要になってきます。感動的なお産になることを第一としています。現在は、日本にもそういった感動的なお産にしようという試みが増えてきています。今後、日本もアメリカのようにこだわりのお産を試みる人達がどんどんと増えていくのではないでしょうか。

助産師の転職に強い人気の求人サイト!!

ナースフル

ナースフルの詳細説明


ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細説明