[※助産師と保健師について]

助産師と保健師の違いとは!?

人気の求人サイトランキングはコチラ!

助産師とは、妊婦のメンタルケアや助産行為に従事する人の事で、母性保健の保健指導を行うこともあります。核家族化が進んで行く中で、少子化問題が深刻になっている日本において、柔軟な思考を持ち、適応力に優れた助産師が必要とされています。「助産師」という名称ではありますが、幅広い年代の女性の健康アドバイスができる知識を身に付ける事が、これからの助産師には期待されています。

では、助産行為の他にはどのような活躍の場面が考えられるでしょうか。まず、思春期の女性に身に付けてほしい正しい性知識をアドバイスしてくれるのは助産師です。次に、女性の結婚や家庭での生活ににおける相談や、妊娠への悩み、初めての妊娠に戸惑う妊婦へのアドバイスなども、助産師の仕事です。さらには中高年の女性の健康アドバイスも行うなど、女性の健康に関する事であれば、どんな場面でも助産師が活躍します。

保健師とは、疾病予防と健康管埋に関する知識や経験を駆使し、地域の住民が健康的な生活を送る事ができるように、地域に根差した細やかな健康指導を行う人の事です。映りゆく時代の中で、私たち日本人の生活スタイルは大幅に変化してきました。それに伴い、保健師が任される仕事内容も発展してきました。

戦後の時代は、家庭への結核予防のアピールが主な仕事でした。その後は母子保健活動が盛んになり、現在では高齢化社会の影響を受け、在宅ケアのアドバイスや生活習慣病対策などの活動が多く行われています。

また、日本人にはまだ浸透していないエイズ予防といった事も、保健師の仕事です。このように、保健師の活躍する場面が多く見られる世の中になってきていますので、健康に関わるすべての職業に就く者たちが一体となり力を合わせて、日本の医療を見直し、更なる高みへの登っていく段階にきていると言えます。保健師の勤務先は主に公的機関です。

その他にも、病院や工場、会社などの事業所などで、健康のアドバイザーとして働く保健師もいます。この先も、活動範囲の広まる事が予想される多岐に保健師には期待も大きく、医療や健康問題などに真剣に立ち向かっていく姿勢を求める声が多く聴かれます。助産師と保健師は、ともに「健康に関わる仕事」で、「健康に悩む人の相談相手」になれるという点が共通しています。ですが助産師は主に、「女性のための健康」というフィールドで活躍しますが、保健師は「健康全般」に関わります。似ているようで、だいぶ違いますね。

助産師の転職に強い人気の求人サイト!!

ナースフル

ナースフルの詳細説明


ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細説明