[※クリニックの助産師転職事情]

クリニックの助産師に転職するには!?

人気の求人サイトランキングはコチラ!

助産師の就職先として、助産院があります。助産院については、最近ではクリニックの名を使用するところも増えてきており、特に相違点はありません。いずれにしても、この仕事はやりがいを求めて希望する人が多くなっています。ですからまず、クリニックで働く意義について、見て行きましょう。

助産師の方は、医師と同じく開業権を持っています。従って、クリニックは助産師が中心となっている施設という特徴があります。また、妊婦の中でも、経過が良好であり、自然分娩ができる方を扱っており、その介助を行います。その他、妊婦や新生児のケアとサポート、あるいは指導などを行っていきます。

また、これは「助産院」という言葉の方がよりイメージしやすいと思いますが、自宅のような施設が多くなっています。中でも、ベテランのお婆さんが、畳張りの昔ながらの和風の家で経営している姿がイメージにあうでしょう。実際、そこまで極端なところでなくとも、働いている方は白衣ではなく私服を着用しています。全体として家庭的な雰囲気をもっており、妊婦さんがリラックスして過ごすことができるように配慮がなされています。これは自然分娩にとって非常に重要な要素であり、自宅と変わらない、日常と変わらない環境で母子ともにストレス無く、自然に近い状態で過ごす意味があるのです。また、アドバイスなどを受けつつ、自宅での出産介助といった方法もあります。

クリニックの中にはまた、病院付属のところもあります。しかし、雰囲気はいわゆる助産院のイメージと共通したところがあります。リラックス出来る環境であり、ストレッチや軽い運動を行う部屋が設けられていたり、落ち着いた和室を揃えているところもあります。病院敷地内でも独立した塔を持っており、妊婦さんへの配慮がなされています。

助産師への転職を考える際には、まずは資格の取得が必要です。看護師の方ならば専門の学校に1年間通えば資格取得ができます。看護学校の学科に専門のものを設けて、4年間に2つの資格を一気に取ることもできます。就職先を探す場合には、自分がどの地域で働くかを決め、地域ごとの求人が見られるサイトなどを利用するのがいいでしょう。その際、独立経営のところも含めて、それぞれ特徴はかなり異なります。個々のクリニックの労働環境に詳しいサービスを利用すべきでしょう。転職エージェントなどを利用する際でも、過去に採用経験のある方の情報、あるいは現職の方の情報などを蓄積したサービスがおすすめです。

助産師の転職に強い人気の求人サイト!!

ナースフル

ナースフルの詳細説明


ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細説明