[※男性の助産師]

男性の助産師は存在するのか?

人気の求人サイトランキングはコチラ!

助産師という仕事は、生命の誕生の関わる仕事でとてもデリケートな職業でもあります。日本では、男性が助産師になることはできません。

なぜ、日本では男性が助産師になることができないのでしょうか。これには諸説ありますが、女性が分娩する時に、男性が関わることで、妊産婦の方たちが感じる嫌悪感をぬぐいきることができない点や仮に男性の助産師がいた場合に、妊産婦が助産師の性別を選択することができないなどの点があげられます。女性にとってお産は、とてもデリケートで、産婦人科の医師でも女性の医師を探して出産するという女性も多くいます。助産師の仕事は、妊娠、分娩、産後にいたるまで指導やケアをすることになるので、デリケート部分を異性に見せることになるというのは、精神的にも負担が大きい場合もありますよね。

産後の母乳指導などは、実際に助産師が乳房をマッサージすることも多くあります。夫や家族以外の男性に乳房を触られるのは、どんな女性でもすごく抵抗があるのは事実です。どんなに知識と優れた技術を持っている助産師だったとしても、男性というだけで女性にとっては恥ずかしさの方が勝ります。

妊産婦が、安心して指導やケアをしてもらう為にも女性が向いている職業なのではないでしょうか。こういったことも、男性が助産師になれない理由だと思います。また、女性同士だから理解することができる面も多くあると思いますし、男性が相手となると、ちょっとしたことや女性にしかいえない悩みなど相談しにくいことも多くあると思います。

助産師としても、自分で出産を経験することができるので、経験のある助産師は、より妊婦の気持ちを理解することができるのではないでしょうか。アメリカ、イギリス、オーストラリアなどの国では、男性でも助産師になることが認められているので、男性の助産師が存在します。日本では、意看護師の資格を取得して、知識や経験をつんだとしても、残念なことに助産師になることはできません。ですから、どうしても助産師の仕事がしたいのであれば、海外に行って助産師として活躍することをお勧めします。

これから、時代の移り変わりと共に、助産師の資格を男性でも取得できるようになるかもしれません。その日がいつになるか分かりませんが、知識を身につけることは決して悪いことではありませんし、その知識は他のところでも役立つときが必ずあると思います。男性だからとあきらめるのではなく、意欲と向上心を持ってスキルアップするのが良いのではないでしょうか。

助産師の転職に強い人気の求人サイト!!

ナースフル

ナースフルの詳細説明


ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細説明