[※助産師の業務独占]

助産師の業務独占とは!?

人気の求人サイトランキングはコチラ!

助産師の仕事は非常にデリケートで、時には妊婦や胎児の命に関わる場面にも立ち会うために、助産師の資格を持っていない人は助産行為をする事が出来ません。これを業務独占と言います。業務独占とは、特別な業務に関わるための資格を所持していない者は、その業務に関わることを禁止している資格の事を言います。また、助産師の資格を有する者には開業権も与えられるので、個人経営の助産院を持つことも可能です。

さて、助産師の仕事内容には具体的にはどのようなものがあるのでしょうか。ただ、赤ちゃんを取り上げるだけが仕事なのでしょうか。それは違うと思います。

命を授かり、その命を安全に産む、という行為には危険や不安がつきまとう場合があります。簡単に出産できてしまう人もいれば、難産になってしまう人もいます。中には、妊娠中につわりなどが酷く、精神的にナーバスになってしまう妊婦もいるでしょう。助産師の仕事には、そういった妊婦へのメンタルケアなども含まれます。

妊娠が判明したときから、出産後のフォローまで、助産師は妊婦をサポートします。「助産師」という名称ですが、以前は看護師と同様に、「助産婦」という呼び方をされていました。看護婦が看護師という名称に変わったのと同時に、助産婦も助産師に変更されました。

「婦」という文字はなくなりましたが、看護師などとは違って、男性は助産師の資格を取得することが出来ません。やはり、「出産」に関しては女性にしか出来ないアドバイスもありますし、お産に関わるのですから、男性では何かと難しいのでしょう。赤ちゃんとお母さんをつないできた「へその緒」を切る事ができるのは助産師の役目です。「ただ切ればいいなら、誰にでも出来るじゃないか」と思われるかも知れませんが、業務独占の資格であるために、規定事項はしっかりと守らねばまりません。お母さんが一生懸命産んだ赤ちゃんを、母体から取り出す行為も助産師の大事な仕事です。

ですから助産師は、赤ちゃんを産むお母さんにとって、医師よりも強い味方であるとも言えますし、医師よりも身近に妊婦と関わっていくので、出産を終えるまでに親密性が芽生えることも珍しくありません。助産師の仕事内容には、「どこまでやったら違法」というのが示されていません。なので、病院によっては出産の際に助産師が主導になる所もあれば、医師が主導になる所もある、という事です。ただ、妊婦にとっては助産師はなくてはならない存在である事は確かです。

助産師の転職に強い人気の求人サイト!!

ナースフル

ナースフルの詳細説明


ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細説明