[※保健センターの助産師に転職]

保健センターの助産師に転職するには!?

人気の求人サイトランキングはコチラ!

助産師の就職先は病院が圧倒的多数を占めていますが、それ以外にもいくつかの選択肢が考えられます。とくに安定した就業環境や収入から人気が高いのが保健センターです。各都道府県、自治体の保健センターで勤務する仕事です。保健センターで働く助産師の大きな特徴は分娩の介助というこの職業において最初にイメージされる仕事を担当しない点にあります。もともと保健センターは医療行為を行う施設ではないため、病院・診療所で行う一般的な助産師の業務の多くと関わることがないのです。

一方、母子を対象としたさまざまな健診や相談業務を担当します。地域住民への保健サービスの一環として行うもので、出産を控えて不安を抱えている妊婦に向けた心のケア、母子手帳の交付、さらに妊娠中、出産後の健診など。とくに現代社会は少子化が進んでいる影響もあり、はじめて出産する女性が勝手がわからずに不安を抱えるケースが少なくありません。そんな時に保健センターの助産師が心身の負担を取り除き、安心して出産に望めるようにサポートします。そして出産後も育児ストレスなどを抱えることなく子育てを行っていけるよう、さまざなサポートを行います。赤ちゃんの健康状態の確認はもちろん、育児相談、授乳指導などがその内容として挙げられます。

こうした保健センターで働く助産師の特徴は病院勤務に比べてゆとりのある就業環境で働くことができる点でしょう。夜勤はありませんし、残業・休日出勤もほとんどなく、規則正しい生活環境で働くことができます。助産師自身が子育て中というケースも少なくないだけにこの点は魅力でしょう。また公務員待遇での勤務となるため就業環境の面で安定しているのもメリットです。

そんな保健センターへの転職を目指す場合には各地域の保健センターのホームページで採用情報を入手するのが一般的です。ネット上にある助産師の求人情報を扱っているサイトでは思うように見つけることができない面もあるのでホームページをこまめにチェックしていくことが大前提となります。ただ中途採用の補充は非常に少なく、欠員が生じた際などごく限られた機会にのみ行われます。そのチャンスを逃さずに応募できるかどうか、日ごろの情報収集がものを言うことになるでしょう。

全国の保健センターで働く助産師の数は全体の1パーセント程度、狭き門となりますから、苦戦を覚悟の上でじっくりと転職活動に取り組んでいくようにしましょう。

助産師の転職に強い人気の求人サイト!!

ナースフル

ナースフルの詳細説明


ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細説明