[※離島の助産師に転職]

離島で働く助産師に転職したいなら!?

人気の求人サイトランキングはコチラ!

離島・僻地では看護師の不足が深刻化していますが、助産師においても同様です。絶対数が少ない分助産師の方がより深刻な状況にあるといってもよいでしょう。そのため求人を探そうと思えば比較的容易に見つけることができます。採用されるかどうかではなく、こちらがどの職場がよいかを選ぶことができる、ある意味恵まれた環境にあるといえるでしょう。

問題なのは就業環境と生活環境のバランスです。離島エリアで助産師が不足しているのは単に人口が少ないのが理由ではなく、生活環境の問題が大きく立ちはだかっているからです。簡単に言ってしまえば不便な環境での生活に耐えられるかどうか。いくら助産師の仕事にやりがいを感じていても仕事だけで日常生活が成り立つわけではありません。それ以外の生活のなかで不便な環境を強いられたり、気晴らしや楽しみの手段がない状況では途中で耐えられなくなってしまうこともあります。また都市部から離島へ移住した場合には密接な地域住民との関係に煩わしさを感じてしまうこともあるでしょう。転職を気に引っ越す機会は少なくありませんが、離島の場合は移住といってもよいほどの生活環境の大幅や変化をクリアする必要があります。理想やイメージだけで転職してしまうとすぐに挫折してしまう恐れもあります。

就業環境にも注意が必要です。人手不足の問題を抱えている離島エリアでは病院・診療所に助産師が一人しかいない、といったケースも少なくありません。その場合、助産師が担う業務をすべて担う形になるため、休日も満足に取れない就業環境で働かなければならないケースも出てきます。この点は看護師にも共通していますが、そうした環境に耐えられるかどうかをあらかじめ確認しておく必要があるわけです。またどの程度忙しい環境で働くことになるのかの確認も欠かせません。

こうした面をクリアしたうえではじめて離島からの求人を探していくことになりますが、実際に求人探しを行う際には離島の医療を行っている医療機関からの求人を探すのが近道です。沖縄や長崎、隠岐など離島を抱えているエリアでは離島医療を行っている総合病院や大学病院があります。まずこうした医療機関の離島に関わる求人情報を探していくようにしましょう。また、離島医療に関する情報を提供しているサイトもあります。そこでは看護師・助産師の転職に関する情報も掲載されていることも多く、重要な情報源となります。そのほか離島を抱えている自治体のホームページでも離島の医療環境や求人動向の情報が掲載されていることもあるのでこまめにチェックしておきましょう。

助産師の転職に強い人気の求人サイト!!

ナースフル

ナースフルの詳細説明


ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細説明