[※助産師の仕事内容]

助産師の主な仕事内容は!?

人気の求人サイトランキングはコチラ!

助産師とはその名称からもわかるように出産をサポートする仕事です。かつては産婆といわれていた職業の延長線上に位置する仕事でもあります。

産婆は近代以前の日本で広く活躍しており、ひとつの地域に必ずひとりは存在していたといわれています。それが明治以降になって母子の安全・健康の観点から法制度の整備が行われ、現在では専門の資格を取得したものだけに助産師としての活動が可能な形となっています。

ですから、基本的な仕事内容では古くからの産婆と共通しています。出産に立ち会って生まれた赤ちゃんを取り上げ、母子の健康を管理する仕事です。現在では産科医や看護師も出産に立ち会う形になりますが、基本的な部分は変わっていません。ただ、現在ではそれ以外の業務の比重が高まっており、むしろそちらの方がメインの仕事内容となりつつあります。それは出産前後の母親のサポートです。

昔の社会のように地域社会のつながりが希薄になっている現代社会では妊娠中の女性が出産に関する情報・アドバイスを周囲の人たちから得る機会が少なくなっています。加えて少子化の影響もあり、身近にアドバイスができる女性が少なくなっている点もその傾向に拍車をかけています。そのため妊娠中の女性は出産が近づくにつれてさまざまな不安を抱えがちになり、心身ともに不安定な状況に陥ってしまうことが多くなっています。助産師はそんな妊婦に対して食事や体調管理のアドバイスをはじめ心のケアなどのサポートを行うことになります。ストレスや運動不足の解消をどのように行うとよいのか、といったプライベートにまで踏み込んだアドバイスをすることも少なくありません。

さらにいよいよ出産が近づくとその準備も助産師の重要な役割となります。必要なものを一通り揃えるだけでなく、出産を控えた患者に対して心構えや不安を解消するためのアドバイスなども行います。

そして出産後は母親となった患者の体調管理、授乳指導、育児指導といったサポートも行うことになります。赤ちゃんがなかなかおっぱいを飲んでくれなかったり、健康上に何か不安があった場合に相談に応じるのも大事な仕事です。

こうした役割上、助産師はある程度の年齢以上、それも出産経験がある女性の方が適しているといわれており、助産師してのキャリアはもちろん、女性としての人生経験そのものも資質に含まれるといいます。豊富な方が若い妊婦に安心感を与えることができるからです。

このように、現代の助産師は患者の精神面のケアにまで踏み込んだ幅広い役割が求められています。少子化社会が進んでいるからこそ需要が高まっている面もあるといってもよいでしょう。

助産師の転職に強い人気の求人サイト!!

ナースフル

ナースフルの詳細説明


ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細説明