[※助産所の助産師転職事情]

助産所へ転職したい助産師の方へ!

人気の求人サイトランキングはコチラ!

助産所とは、簡単に言えば助産師による分娩施設です。妊婦や新生児への保健指導も助産所で実施される場合があります。助産所では助産行為しか許可されておらす、医療行為を行う事は出来ません。出産までの診察には他の医療機関への通院が必要になります。要するに助産所とは、「産むこと」に特化した施設となっているのです。

助産院と言われる事もありますが、助産所という名称は、名称独占に指定されているので、助産所と似たような名称を使用する事は出来ません。助産所は、助産師の資格があれば開業する事が可能です。入所施設を設ける事もできますが、そのためにはまた別の申請が必要になり、許可が下りるまでは入所させてはいけません。また、法人でも助産所を開業することが出来ます。

最近では、助産所に転職する助産師が増えています。助産師の資格を持っていても、助産行為に携われない人が多いので、助産師の資格を最大限に活かしたい、と考えている人に選ばれています。助産所に転職すれば、助産行為に携われないなんて事はまずないでしょうし、女性への健康アドバイスも積極的に行っていけるでしょう。助産所と聞くと、ベテラン助産師しかいない様なイメージがあり、若手の助産師を寄せ付けないような印象さえ感じます。しかし、助産師としての経験を積みたいのであれば、そのような事を考えていてはダメですよね。頑張って勉強して取得した、大切な資格を活かせないまま働くのは悲しいでしょう。資格は取って終わりではありませんから。取得して、それを活用してこその資格です。

それに、助産師であれば転職も簡単だと思います。少子化とは言え、今日もどこかで新しい命が誕生しています。そのお産の現場には、必ず助産師がいるのです。助産師なしでは出産は出来ません。また、妊婦は精神的にも不安定になりやすいので、お産だけではなく、心のケアも助産師の立派な仕事です。

お産の現場は常に緊迫しているものです。何が起きるかわかりません。助産師としてのステップを上っていきたい人には、助産所へ転職というのは良い選択だと思います。助産所で働くのは大変な事もあるでしょう。でも大変なのはどこも同じではないですか?仕事の「大変さ」と「やりがい」が比例していない場合もあります。助産所で働けば、まず間違いなくその二つは比例していくでしょう。

働きながらの転職は、いくら勤務先に恵まれていても上手くいかない事も考えられます。自分のペースで転職活動すると、よい結果が得られるでしょう。

助産師の転職に強い人気の求人サイト!!

ナースフル

ナースフルの詳細説明


ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細説明