[※一般企業の助産師転職事情]

一般企業に助産師として転職するには!?

人気の求人サイトランキングはコチラ!

一般企業において助産師として転職するには、どのような方法があるでしょうか。例えば求人情報の実例を見てみると、医療関係の資格をもった人材を集めて、電話やメールなどで患者さんの相談業務を行う会社があります。派遣業というくくりになりますが、基本的に現場での作業はありません。少々特殊な例ですが、このような働き方もあるというわけです。待遇面などもしっかりしていて、退職金、年金などといった福利厚生について一般の企業と変わりません。その他にも、完全週休二日制、その他休暇制度などもしっかりしています。助産師への転職を考えている方で、別の医療資格をもっていれば、このような会社に就職するのもメリットがあります。例えば、かつて現場で助産師として働いた経験のある方が同僚にいれば、現場の実情を知ることもできます。情報収集や人脈を広げるという意味では、非常に利点が多いです。

また、一般の企業で助産師として働く場合は、産業看護師をイメージするといいでしょう。こちらは会社の中で従業員を対象として、医療行為を始め、総合的な健康管理を行う仕事です。定期検診だけでなく、日々の相談や指導についても行います。イメージとしては、学校に配属された保健室の先生になります。この産業看護師については、最近は新たな需要が生まれています。それは、社会で働く女性へのサポートです。最近は育児休暇制度ができるなど、女性でも出産や結婚をしながらも仕事を継続させる体制が整い始めています。そうなると、産業看護の分野でも、出産前後のサポートという意味で、助産師を採用するところもちらほら出てきているのです。また、かつて看護師をしていた助産師の方でも、まずは産業看護師として就職すれば、業務の中で出産や育児に関する相談をする機会も得られます。産業看護師の数自体が少ない現状にあって、特に助産師の採用枠を設けている会社は少数でしょう。それを考慮すると、このような働き方が現実的と言えるかもしれません。

このような新たな需要に対応した仕事については、転職エージェントに相談をするのが最適です。企業の中でも、産業看護師を採用していて、かつ育児休暇の取得などに積極的な職場、あるいは女性の割合が多い職場があります。これらの情報は一般的な転職サイトなどでは見つけることは難しく、情報の蓄積がなされている転職エージェントなど、プロの力を借りたほうが効率的なのです。特に、企業の採用担当者との情報交換も頻繁に行っているなど、他にはない強みをもっています。

助産師の転職に強い人気の求人サイト!!

ナースフル

ナースフルの詳細説明


ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細説明