[※神戸市で助産師転職をお考えの方!]

神戸市にある医療機関の助産師に転職するなら!?

人気の求人サイトランキングはコチラ!

看護師の給料は地域によって差があります。日本看護協会が発表した調査結果によると、看護3年課程を卒業した新任看護師に支払われる基本給の平均は19万6,368円でした。都道府県別に見た平均基本給では、兵庫県は20万3,300円となっており、全国の看護師の基本給よりも高くなっています。

神戸市立医療センターの看護師の中途採用情報を見ると、病院での実務体験が3年の助産師の場給与は23万円。5年の実務経験があれば24万4,310円、8年なら26万370円となっています。基本給と地域手当を合計した金額ですから、これに各種の手当が支給されます。ここに分娩手当として分娩1回につき3,000円のほか、夜間勤務手当などの諸手当が付きます。

そして神戸市内の総合病院では、給与が21万6,450円、夜間看護手当が4,500円、分娩手当が3,000円のほか、条件によっては扶養手当、住宅手当 、通勤手当などが付きます。また、神戸市内で開業しているクリニックでは月給が35万円、オンコール手当1,200円〜2,000円、月5回の夜勤手当7,500円、年に2回の賞与となっています。

このように同じ神戸市内でも、職場によって給与システムは異なります。給与が低くても育児施設や教育システムが充実しているなど、職場によってそれぞれメリットとデメリットがありますから、雇用条件や福利厚生、職場の施設、教育制度、退職金の有無などを確認しましょう。

地域を神戸市内に限定して転職先を探す場合は、非公開情報を積極的に活用することをおすすめします。最近は2交代制を導入する医療機関が増えており、労働時間が長くなりがちです。助産師の仕事は激務ですから、自分の体調をよく考慮して、ライフスタイルにあった働き方ができる職場を探しましょう。

助産師が働きやすい環境を整えている医療機関を探すためには、面接の前に職場見学をするのもおすすめです。自分の目でどのような職場環境なのかを確認しておくと、実際に働き始めた後で後悔することも少ないでしょう。

一般病院の産婦人科で働きたいのか、産婦人科専門病院で働きたいのか、それとももっと小規模なクリニックでの勤務を希望するのか、働く場所も検討してみましょう。これらの詳しい情報は、看護師転職エージェントを利用すると手に入れることができます。神戸市内の求人情報にくわしい転職エージェントに登録すれば、有利な条件で転職することが可能です。職場見学の手配もしてくれますから、気軽に利用してみましょう。

神戸市の助産師転職に強い人気の求人サイト!!

ナースフル

ナースフルの詳細説明


ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細説明