[※助産師転職の面接対策]

助産師が転職する際の面接対策

人気の求人サイトランキングはコチラ!

助産師の方が転職を考える際、需要の高さや求人数については、それほど心配することはありません。むしろ人材が不足している傾向があり、求人の数も大量とまでではいかないものの、安定した数を維持しています。むしろ今後は、数が増える可能性の方が多いです。看護師と同じく離職率や人材の入れ替わりが高くなっており、男性の採用が増えている看護職に比べて、女性限定の職業ということも関係しています。ポイントとなるのは、地域ごとの求人をいかに探すか、そして自分に合った職場を見つけることができるかどうかです。転職先としては、助産院、クリニック、病院、あるいは最近では出産や結婚後も長く女性が働く企業も増えてきており、企業で採用をしているところもあります。働き先をこの中で変えるとなれば、性質もそれぞれ異なるので、面接や履歴書での志望理由なども考えやすいです。

転職の際の面接対策は、職場選びの時点から始まっています。例えば、住んでいるところに近い、あるいは何となく求人サイトで見つけたなど、明確な理由をなく職場を選んでしまうと、志望理由を効かれた際に困ってしまうわけです。求人情報を選ぶ時点で、自分がどのような職場を望んでいるのか、それはどうしてか、といったことを意識していると、自然と面接で聞かれるいろいろな質問に対しても、対応力が出てきます。

とはいえ、個人で対策を行うには限界があります。求人探しも含めて、個々の専門職に応じたエージェントサービスなどを利用するといいです。エージェントサービスでの採用までの流れを見ても、最初に行うのは自己分析です。どこに就職したいかよりも、自分は仕事に対してどのような価値観を持っているかを考えます。そこで個々の特性を見極めていき、それにあった職場を探していくのです。加えて、現職の助産師の情報もたくさん持っています。実際にエージェントサイトを利用して働いている方に対して、継続的なフォローをしており、職場ごとの環境、あるいは実際に働いてみての感想、悩みなどについて情報が蓄積されています。他にも独特のサービスを見てみると、過去の紹介実績がある助産院などに、エージェントの職員の方が同行して面接をしてくれることもあります。エージェントサービスでは採用数よりも、採用側と求職者の双方が納得できることを目指しています。より深いマッチングという意味で、このようなサービスも行っているのです。ホームページなどで情報を確認してみるといいでしょう。

助産師の転職に強い人気の求人サイト!!

ナースフル

ナースフルの詳細説明


ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細説明