[※月収40万円以上の助産師に転職]

月収40万円以上の助産師に転職するには!?

人気の求人サイトランキングはコチラ!

助産師の給料水準は月収25〜35万円程度といわれています。看護師よりもやや高い水準ですが、これが月収40万円以上となるとかなり数が少なくなってきます。その中で高収入の職場へ転職するためには自分の年齢、キャリアに加えて就職先の状況なども考慮したうえで情報収集を行っていくことになります。

まず月収40万円以上の職場へ転職することがどれぐらい現実的なのかを冷静かつ客観的に見ておきましょう。高収入の職場への転職を目指すのはよいのですが、あまりにも現実的ではない希望になってしまうといつまで求人探しを行ってもよいところを見つけられない可能性があります。あくまで自分のスキル・キャリアを考慮したうえで現実的な視点で探していく必要があります。

まず年齢から見てみましょう。年齢が高く、豊富なキャリアを備えているほうが高収入の転職が期待できるわけですが、助産師の平均月収は平成23年度のデータで45.5歳で約34.4万円。20年前後のキャリアを誇る助産師でも月収40万円に届かないことになります。ですからベテランといってもよい助産師でも月収40万円を実現するためには平均よりもプラスに評価されるためのアピールポイントが必要となります。

それだけに単に月収40万円以上の求人を探すのではなく、交渉次第で当初の条件よりもアップする可能性がある求人を見つけていくことも大事です。これまで勤務してきた職場での実績や役職などをどれだけ高く評価してもらうことができるか。ほとんどの助産師の求人では「月収○○〜○○万円、詳細は経験、年齢に応じて決定する」といった形で給料の内容が掲載されています。どの程度収入に関して相談に応じてくれるのか、事前に問い合わせておくなどの情報収集を行っておきたいところです。また、こうした収入に関する交渉は早い段階で脈がなさそうだと判断したらすぐに断るといった見切りの早さも必要です。そうしないと見込みのない職場との交渉にズルズルと時間ばかりがかかってしまいます。

もうひとつ、就業環境も良く見ておきましょう。病院などでは助産師の人手不足が大きな問題となっており、それを解消するために良い条件の求人を出しているところもあります。こうした職場では給料は高いものの、就業環境の面でやや厳しいケースが出てきます。夜勤手当などを含めて月収40万円に届くといった職場もあります。逆に言えばあくまで収入を重視し、夜勤専従など他の助産師がやりたがらない環境で働くという選択肢もあるのです。この点は収入と就業環境のどちらを重視するか、どの程度の環境なら問題なく働くことができるのか、ひとりひとりの判断が鍵となります。

助産師の転職に強い人気の求人サイト!!

ナースフル

ナースフルの詳細説明


ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細説明