[※夜勤専従の助産師に転職]

夜勤専従の助産師に転職したいなら!?

人気の求人サイトランキングはコチラ!

病院で働く助産師の仕事にはどうしても夜勤がつきまといます。加えて助産師の人手不足が全国的に深刻化している影響もあり、頻繁に夜勤を求められる環境の中で働くことを余儀なくされるケースも少なくありません。その結果仕事が辛くて辞めてしまい、ますます人手不足の状況になっていく、という看護師と同様の悪循環に陥ってしまっている病院も少なくありません。そのため、夜勤手当を多くするなど病院側も何とか人手を確保しようとしている状況です。

そんな状況下で求人数が増えているのが夜勤専従の助産師です。夜勤の担当を敬遠する助産師が多いのならもっぱら夜勤を担当してもらう助産師を確保しよう、というわけです。日勤と夜勤の住み分けをうまく行いながらシフトを組むことで不規則な就業環境を強いることがなくなりますし、激務による集中力や効率の低下、さらには先述した離職率の増加といった問題を防ぐことができます。

夜勤専従の助産師に転職する場合にはまずこうした状況を踏まえた上で収入面を比較検討していきましょう。足元を見るというわけではありませんが、夜勤を担当する助産師が不足している病院ほど高い給料・手当を用意している傾向があるため、もっとも自分を高く評価してくれるところを探していくことができるのです。平均的な夜勤専従の助産師の給料は1回で3万〜3万2000円程度。この相場よりも高いか低いかを目安にして求人情報を探していくようにしましょう。この点は人手不足の問題だけでなく、地域によっても違いがあるので自分が住んでいるエリア、通勤が可能なエリアの平均的な給料についても見ておきたいところです。

もうひとつのポイントは就業環境、簡単に言えばどれぐらいの頻度で夜勤を担当することになるのか。いくら給料がよく、夜勤のみに専念する環境といっても連日のように担当させられる環境では体が持ちません。医療機関での夜勤は基本的には4回程度、多くても8回程度となりますから、その範囲内で自分がどれぐらい担当することができるのかを決めた上で求人をピックアップしていきたいところです。週1回〜、月4回〜に設定している求人が多いのでそれほど無理な就業環境を強いられることはないですが、念のために具体的にどれぐらいの回数になるのかを確認しておくとよいでしょう。人手不足が深刻化している病院では求人情報に掲載されている以上の頻度で勤務を求めてくるケースも出てくるので要注意です。

先述のように求人そのものは見つけやすいため、その中からいかに就業環境と収入面のバランスがとれたところを見つけることができるかが鍵となるでしょう。

助産師の転職に強い人気の求人サイト!!

ナースフル

ナースフルの詳細説明


ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細説明