[※助産師にオススメの転職サイト]

助産師求人探しにオススメの転職サイト

人気の求人サイトランキングはコチラ!

助産師とはどのような職業かというと、出産や育児に対するケアを行う職業です。看護師免許を取得していることが要件で、さらにこの資格習得のために1年間養成学校に通い国家資格を取得している必要があります。助産師は、出産に対するスペシャリストで、一般の看護師に比べ自身の判断で色々なことを行うことができます。分娩についても医師の指示なしに正常な分娩の介助を行うことが出来ます。実際に多くの産婦人科で、実際に分娩を行うのは医師ではなく助産師の場合が多いのです。ただし、行えるのは正常な分娩のみのため、異常があった場合は医師に連絡し医師が処置を行うことになります。

助産師は分娩を執り行うのみならず、妊娠中の妊婦さんのケアや注意事項の連絡、体調の管理、そしてパパやママになるための教育指導、出産後も赤ちゃんの管理や母乳のケアなど妊娠・出産についての一連の仕事を担います。分娩は休日夜間に限らずありますので、夜勤や休日出勤は当たり前で体力的にとてもきつい仕事ですが、尊い命の誕生の瞬間を手伝いたい、かわいらしい赤ちゃんのお世話をしたいなどの理由でとても人気がある仕事です。病院の中でも、ケガや病気の人を扱うのではないのでとても特殊な仕事だといえます。

資格を取るとどこで活躍の場があるのかと言いますと、大学病院や総合病院の産婦人科、診療所・クリニック、そして助産院、保健センターなどとなっています。多くは大学病院や総合病院などに勤めていますが、近年はより自然に分娩したい、自宅で分娩したいという人も増えているため助産院も人気となっています。また、特徴の1つとして自身で助産院を開業することもできます。ただし、助産院では正常な分娩しか対処できないため少しでも異常が認められた場合は、医師のいる病院を紹介することになります。妊婦さんが納得のいく病院を紹介するのも助産師にとっては大切な役割です。

助産院が転職や就職を考える場合、まず登録しておきたいのが看護師専門の転職エージェントのサイトです。看護師の仕事に特化しているので助産師の求人も沢山あり良い求人を見つけやすいのが特徴です。エージェントでは多数の病院の求人を見つけることが出来ますし、中には非公開求人も沢山あります。非公開求人はハローワークやインターネットなどでは探すことのできない求人で、優良なものが多くまた倍率も低くなるなどの利点があるため、仕事を得やすいのが特徴です。エージェントの専門のアドバイザーに色々と相談に乗ってもらいながら良い求人を見つけられるので不安なども払しょくできるはずです。

助産師の転職に強い人気の求人サイト!!

ナースフル

ナースフルの詳細説明


ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細説明