[※助産師の転職履歴書]

助産師が転職するときの履歴書について

人気の求人サイトランキングはコチラ!

助産師の方が転職をする際、その理由はどのようなものがあるでしょう。ひとつは、労働環境を変えたいというものです。特に勤務時間や人間関係の面で不満を抱えている場合です。あるいは、転居にともなって職場を変える方もいます。この場合、前の職場が自分にあっていたなら、同じような環境を持っている就職先を探す必要があります。また、新たにこの職に就く方もいるでしょう。その場合には、指導してくれる方の存在、あるいは研修、自分と同じ年齢層の方がいるかどうかなどが気になります。いずれにしても、転職をする際には準備がいくつかあります。求人情報を探すとともに、履歴書の作成、面接対策があります。特に労働環境などが理由で職を変える場合には、履歴書の重要度が高まってきます。結婚や出産などによる早期退職後の就職などは別にして、面接で必ずその理由を問われるでしょう。初めて助産師になる方にも同じことが言えます。

履歴書の書き方については、基本的なことを守っていればいいでしょう。その上で、理由、そして採用後の目標などをしっかり書くことです。基本的な部分については、本やインターネットで調べて、書き方を学べばいいでしょう。他の職種の場合でも共通の、ルールをしっかり守ることです。理由や目標については、自分を客観視することが重要です。自己分析をすれば、自ずとそれらのことは見えてくるからです。この点については、転職サービスなどを利用し、専門家の方と相談をするといいでしょう。特にサービスを利用し始める際に、利用者の特性を見極めるためのカウンセリングがあります。そこではとにかく、自分の前職なども含めて、正直なことをしっかり伝えましょう。そこで自分をごまかすと、しっかりとした自己分析ができず、履歴書の内容も曖昧なものになってしまいます。

助産師については、その数が減ってきており、高齢化も問題としてあげられています。その一方で、自然分娩への再評価も高まっており、女性にしかできない職業として人気も高まっています。加えて、独立できるという点も、女性にとっては魅力的でしょう。最近は都会のビルの一角、あるいはベッドタウンの中でクリニックを新設する方も増えてきています。出産はもちろん、産前産後のケア、あるいは妊婦の方の地域のコミュニティーといった役割も持ち始めています。今後新たな形態のクリニックが登場することも大いに考えられます。いずれにしても、応募や面接の際には、自分の地域には職場がどれくらいあるのか把握し、その中で自分に合ったところを選び、応募理由や将来像を明確にすることが大切です。

助産師の転職に強い人気の求人サイト!!

ナースフル

ナースフルの詳細説明


ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細説明