[※仙台市で助産師転職をお考えの方!]

仙台市にある医療機関の助産師に転職するなら!?

人気の求人サイトランキングはコチラ!

どの仕事でもある程度、給料に地域差があります。看護師の給料も同様で、日本看護協会が都道府県別の新任看護師の平均給料を調べました。それによると、看護3年課程を卒業した新任看護師に支払われる基本給の平均は、19万6,368円です。これに対し、宮城県の平均基本給は19万3,642円でした。全国の看護師の平均値より、やや低い賃金といえるでしょう。しかしこれは、あくまでも宮城県全体の初任給の平均ですから、経験者が仙台市で転職をする場合の給料は、これよりも高くなるはずです。

仙台市の医療機関の求人情報を見ると、日勤のみの勤務で17万円以上、夜勤有りの常勤では20万円〜40万円での募集が多く見受けられます。この基本給に加えて、助産師の資格手当をつけているところも少なくありません。この他にも扶養手当、通勤手当、住居手当などの諸手当が加算されますから、一般の職業に比べて高収入が期待できます。

こうした看護師や助産師、保健師の給料システムは、国家公務員の俸給制度の影響を受けています。それぞれの病院は、年齢や勤続年数、能力、資格などによって看護師の給料を決めており、その基準を国家公務員の俸給基準を参考にしている病院が多いからです。国家公務員の看護職の等級は、最も給料が安い1級が准看護師、2級が保健師・助産師・看護師となっています。平成25年の医療職俸給表によると、2級の初任給の最低額は18万500円でした。

では、実際の求人情報を見てみましょう。仙台市の東北公済病院の平成25年の求人では、助産師の初任給は20万7,600円となっています。これに加えて年に2回の賞与のほか、地域手当、特別夜勤手当、危険手当、住居手当、通勤手当などが付きます。地域手当は月給の6%。特別夜勤手当は5回以上の場合、1回につき3,840円です。住居手当は最高27,000円まで、通勤手当は最高限度額が55,000円までとなっています。

少しでも条件の良い求人を見つけるためには、数多くの求人情報に触れるのことが最も大切です。情報が少ないと選択肢が狭まり、条件に合わない職場でも妥協して転職をしてしまう人が多くなります。無事採用されても希望の条件と違う職場では、働きにくくて長続きしないことも考えられます。しっかりと情報収集をして、希望する条件に近い職場を探しましょう。仙台市で助産師の転職を考えている方は、仙台市の求人情報に強い看護師転職エージェントを利用されることをおすすめします。転職エージェントが、希望の条件に合う職場を紹介してくれることでしょう。

仙台市の助産師転職に強い人気の求人サイト!!

ナースフル

ナースフルの詳細説明


ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細説明