[※助産師の資格]

助産師に必要な資格とは!

人気の求人サイトランキングはコチラ!

医師不足や助産師不足といった言葉を最近よく耳にします。助産師不足もあって、出産する病院を探すのに苦労している妊婦さんも多くいるようです。

自宅の近くの病院が見つからなくて、遠くの病院へ通っている妊婦さんもいます。現在では、出産のスタイルもいろいろで、病院だけではなく自宅出産なども雑誌などでいろいろ紹介されるようになり、助産師という職業のニーズが高まっています。では、助産師になるためにはどんな資格が必要なのでしょう。

助産師になるためには、厚生労働大臣の認定する助産師国家資格に合格しなければなりません。この助産師国家資格を取得する方法は2種類あります。一つ目は、高校卒業後、看護系の大学に進学して、助産師国家試験の合格して助産師になる方法です。ですが、看護系の大学を卒業しただけでは、助産師国家試験の受験資格が満たされるわけではありません。この場合、助産過程のある大学に進学して勉強する必要があるのです。

助産師の資格は、看護師の資格にプラスされることになり、就職活動のときにも有利になることから、大学の卒業と同時に看護師と助産師の受験資格を与える大学もあります。助産過程のある大学の定員は少数の場合がほとんどで、倍率もその分高くなっているので、厳しい状態であるといえます。

二つ目は、看護系の学校(専門学校や短期大学)を卒業し、看護師の資格を取得します。その後、助産師養成学校に進学・卒業して助産師国家試験に合格するという方法です。この助産師養成学校の進学する際にも、近年養成学校自体の数が減ってきているため、募集定員もさほど多いわけではないので、しっかりと情報収集して対策する必要があります。どちらの方法で助産師の資格を取得するかは、自分に合った方法を選べばよいと思いますが、どちらの方法を取ったとしても、最短でも高校卒業後4年はかかります。長い年月ではありますが、助産師というやりがいのある仕事を目指して頑張って欲しいものです。助産師という職業は、妊婦への保健指導を行ったり助産を行い、出産に関する業務を行う仕事です。

助産師は男女関係なくなれる職業ではなく、女性限定の職業となります。現在は、男性に助産師国家試験の受験資格は与えられていません。助産師の試験は毎年2000人ほどの受験者がいます。国家試験の合格率は、毎年100%に近い合格率となっています。しっかりと勉強し対策することで、試験合格は問題ないでしょう。

助産師の転職に強い人気の求人サイト!!

ナースフル

ナースフルの詳細説明


ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細説明