[※東京の助産師に転職]

東京にある医療機関の助産師に転職するには!?

人気の求人サイトランキングはコチラ!

助産師とは、妊婦さんが赤ちゃんを出産する際のお手伝いをしてくれる人のことです。具体的には出産の介助や出産後の母体のケア、新生児の検診を行ったり、沐浴の手伝い、乳房ケアやベビーマッサージを行うなどの仕事があります。赤ちゃんを出産するにあたっていなくてはならないとても大切な役割をする人で、出産という人生の輝かしい出来事をお手伝いできる非常にやりがいの高い仕事です。そのため、重労働ですがとても人気のある職業です。

助産師になるには、看護師資格を持った人で1年以上養成学校に通い、国家資格を取得する必要があります。それでは、勤め先はどのようなところでしょうか。助産師さんと聞くとまず思い浮かべるのは産婦人科ではないでしょうか。産婦人科には必ず助産師がいてお手伝いをしてくれますね。産婦人科ですが、専門に行っているクリニックの外に産婦人科と小児科を兼ねている医療機関や産婦人科と小児科が入っている総合病院などが勤務先に上げられます。その他には産婦人科医が出産を行わない助産所、そして自宅でのお産の手伝いをする出張専門の助産院などもあります。また、個人で助産院を開業することも多々あります。

ただし、大半は病院などの医療機関に勤めることが多く、全体の87%という数字が出ています。助産所勤務はわずか5%となっています。その他に保健所や市町村役場に勤める助産師もいて全体の3%程度となっています。

東京には多くの産婦人科がありますので、求人も沢山見つかります。また、全国と比較しても大きな総合病院や大学病院もあり高度な医療技術を求めて大きな病院に転職を希望する助産師も多いです。こういった総合病院の産婦人科は小児科を併設しており、生まれた赤ちゃんにもしものことがあってもすぐに入院できるようになっています。病院に勤めれば緊急の場合の対処法など医師から学ぶことが多いですが、助産院では健康な出産だけが対象になってしまうので、経験を積むという意味で病院での勤務を希望する人が多いです。

東京での助産師の募集は数多くありますが、応募をする人も多く倍率も高くなりがちです。求人を探す場合は、転職エージェントに登録すると良い求人を得られる確率が高くなるようです。それもそのはずで、転職エージェントは非公開求人と言ってインターネットや、ハローワークなどでは見つけることができない求人を紹介してくれることも多くあります。そのため、倍率も低くなりますし、求人を非公開にしているところは優良企業が多いので良い条件のところに勤めるチャンスになります。

助産師の転職に強い人気の求人サイト!!

ナースフル

ナースフルの詳細説明


ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細説明